書店員のすヽめ

本の事や書店で働いてる時に感じた独り言、妄想を延々と語っていくブログです。個人の主観なので苦情は受け付けません。

昨日の出来事。

 

ごきげんよう〜♫かんたーです♫

秋祭りが開催されていますが相変わらず仕事に追われる毎日です。

 

今日は日記ですので時間潰しに読んでいただければ幸いです。

 

「母の四十九日法要」

昨日、無事に終えることができました。ずっとバタバタでしたので亡くなった実感がずっと持てずにいました。

ただ帰りが遅いだけ…。

長い旅に行っただけ…。

私がメインで役所関係や銀行関係すべてを回ったりしていたのですが…

そんな手続きをしていても「私は何をやっているのか?」などと考える時もありました。

仕事で疲れ、休みも動きっぱなし。目も回りそうでしたが倒れずにある程度処理できたのは自分でも褒めてあげたいです。

 

ただ昨日の四十九日法要を終えて、その日は仕事もお休みさせていただいたのですが…

時間があるのにも関わらず読書する気にもゲームする気にもなれず…

母が亡くなったんだと言う事実がようやく理解できたら急に苦しくなったり。

 

散々迷惑かけられたにも関わらずです。

それでも生きていて欲しかった。これが本音なんです。

 

居なくなったら何もしてあげられない。

でもね…私は自分のできる事は全てやったつもり。唯一の味方である親父さえもそう言ってくれる。

 

何となく今思うのは…

母は将来に絶望したのと同時に私たち家族にこれ以上迷惑かけられないと言う気持ちだったのかも知れません。

そんな事はいつも言っていましたから。

それでも私も「どんなに迷惑かけても私の母である以上、最後までしっかり面倒みるから心配するな〜😊。」と声を掛けていました。

 

どんな親でも居なくなれば悲しくなるし辛くもなる。

 

そういえば、寝る直前に自室に訪問者が現れました。あれは誰だったのか。深夜に部屋の前で物音がしていました。

ストレスで私の幻聴だったのか…

はたまた

母がありがとうを伝えに来てくれたのか。

 

〜ありがとうと伝えてくれるならさ〜

〜もっと長生きして欲しかったよ〜

 

湿っぽくなりましたので今日は終わりにします。

 

それではまた。

『となりの布里さんがとにかくコワい。』あらすじ・感想|本屋のひとりごと

 

ごきげんよう〜♫かんたーです♫

 

私のオススメ作品はラブコメが多かったりします。今日もそんな〜ゆるくほっこりする〜ようなラブコメ漫画をご紹介します。

 

『となりの布里さんがとにかくコワい。』

f:id:pagliuca-yuma1205:20190917172619j:plain

〜あらすじ〜

高校生になった平くん。高校生活をエンジョイしようと普通の男の子らしい考えだった。そして隣の席は女の子と知りちょっぴり妄想を膨らます。

そしてその隣の席の女の子、布里さんは見た目も言葉遣いもヤンチャな女の子。

平くんはとにかく関わらないようにするのだが、布里さんは平くんに一目惚れをしてしまい何とか平くんとの距離を縮めようと布里さんは今日も頑張るのだった。

〜感想〜

見た目は怖いけど中身は乙女な布里さん。ただ笑顔が怖かったり言葉が乱暴だったりするのだが、それは愛情の裏返し。

教師や周囲は布里さんが平くんのことを好きなのを感じてしまい、「布里さん可愛い♫布里さん健気♫」といった応援している姿がまたなんとも言えない。

平くん自身も少しずつ布里さんの良さに気付いていくような…いかないような…。

そして1巻最後の方に出てくるのですが、布里さんの1番下の弟リュウジの破壊力がハンパない!!このリュウジの姿を見るだけでも買う価値ありです。

 

〜こんな作品が好きな人にはこちらもオススメ〜

『三白眼ちゃんは伝えたい。』

www.kanta-blog.com

 

最後に

昭和生まれの方には伝わるのではないかと思う作品です。こういう女の子ってクラスにいましたよね〜♫懐かしさを思い出させてくれる作品です。

また現代はこういった女の子って最近では見かけなくなったような気がします。なので現代っ子の方々にもオススメできる作品ではないかと思います。

f:id:pagliuca-yuma1205:20190917182253j:plain

今週の休みはゆっくり休むことが出来たので、読書する時間がたっぷりとあり満足でした♫読み終えた作品はまた今度、レビューすることにします。

 

それではまた。

 

 

『小川珈琲 期間限定 秋珈琲』の感想|本屋のひとりごと

 

ごきげんよう〜♫かんたーです♫

 

コーヒー好きなかんたーなのですがカフェってどうも苦手…。

なのでいつも自宅で飲んでいます。

今日はスーパーで見かけて購入したコーヒー豆をレビューしたいと思います。

 

小川珈琲 期間限定 秋珈琲』

f:id:pagliuca-yuma1205:20190916195154j:plain

498円+税

  〜あざやかに

        彩る心

           華やかな香り〜

 

【豆の色や香り】

f:id:pagliuca-yuma1205:20190916195545j:plain

深煎りではなさそうですね。正直、豆自体の香りはそんなに感じられませんでした。これはどうなんだ!?

普段深煎りばかり飲んでいるのでちょっぴり不安…。

 

【ハンドドリップで試す】

f:id:pagliuca-yuma1205:20190916195341j:plain

道具を準備していざ勝負!!

f:id:pagliuca-yuma1205:20190916195504j:plain

豆の量は15グラムくらいです。お湯は90度から少し冷ましたので80度前半くらいです。このくらいの方が中煎りくらいには最適だと聞いたことがあります。

最初は豆全体に少しお湯をかけ30秒間蒸らします。

f:id:pagliuca-yuma1205:20190916200034j:plain

はい30秒〜♫

 

2投目のお湯は多めに3投目は少なめに入れます。

f:id:pagliuca-yuma1205:20190916200228j:plain

f:id:pagliuca-yuma1205:20190916200305j:plain

【出来上がり】

f:id:pagliuca-yuma1205:20190916201047j:plain

完成です。最後に半分くらい残っていますが、これは飲みません。コーヒー自体の味が変わるためです。

【感想】

1.色自体は薄めです。思った以上に味も薄く感じます。濃くて苦いコーヒーが好きな方には物足りないです。しっかりとした味わいを求めている方は豆の増量をオススメします。

2.香りも味もフルーティーで飲みやすい。

3.程よい酸味でほんのり余韻も楽しめます♫

(※私のハンドドリップの腕が悪いのはご了承ください…)

 

【冬でもアイス派の私がこの豆でアイスを実践】

豆の量は先ほどの倍以上の入れました。お湯は300cc。果たしてどうなる!?

腕に自身のない方でもおいしくできるで有名なコーヒーメーカーを使用(2000〜4000円程度の物)

【出来上がり】

f:id:pagliuca-yuma1205:20190916201552j:plain

比べてもすぐにわかるこの黒さ…えげつない!!

【感想】

この黒さのもを試飲してみると先ほどよりインパクトは強くなりましたが、全体的に優しい豆なので口当たりは悪くありません。ただこの黒さをそのまま飲むのはオススメしません!!

f:id:pagliuca-yuma1205:20190916201902j:plain

アイス〜〜〜って感じの良い色です♫これはもしかして期待できるのでは!?

強すぎる酸味しか感じない!!これはアイスに適した豆ではありませんのでご注意ください。

ただね…

いつも飲んだことのない味のコーヒーなので病みつきになりそうではあります。

ただオススメはしません!!

 

最後に

「カフェへ行きたいな〜。でもあの空間って、なんか苦手。」

そんな私は自室の作業スペースをそれっぽく作り上げました。といっても物を置いただけです。AmazonMUSICでそれっぽいBGMをBluetoothスピーカーで流してみたり…

100均やホームセンターでお手頃なコーヒー器具やアイテムを揃え…

それっぽくするだけで癒しの空間♫

私はそれだけで十分満足ですし、カフェ代って結構掛かりますからね〜。

 

【今日の1枚】

f:id:pagliuca-yuma1205:20190916202843j:plain

ちょっとそれっぽくおしゃれな感じに仕上がっているかな〜と。

そんな休みの日でした。

気になる方は是非小川珈琲 期間限定 秋珈琲』を試してみてください♫

 

それではまた。

初体験…暑さも忘れる…靴磨き|本屋のひとりごと

 

ごきげんよう〜♫かんたーです♫

今日は箸休め程度にご覧ください。

 

【かんたー靴磨き初体験の話】

いえ。仕事で靴磨きをやったわけではありません。実は今度、出張時に履いていく革靴が無いのです!!

買えば良い話なのでしょうが正直、革靴に対しての知識もお金もありません。それともう一つ長く愛用している革靴を気に入っているのでそれを履いていこうと思っています。

さらにいえばこの前、読了したばかりの本『俺か、俺以外か。』ローランド著

f:id:pagliuca-yuma1205:20190912235212j:plain

にて影響を受けました。影響を受けたんです!ローランドさんも仕事道具である靴は自分で手入れしているとのことです。

はぁ〜中身も最高の男ですね♫

 〜靴磨きやってみた〜

【必要な道具】

  • ブラシ
  • 汚れ落としクリーム
  • 艶出しクリーム
  • 防水スプレー
  • クリームを塗るために使用する布

 

【革靴手入れ手順】

写真を撮っていれば良かった〜なんて後の祭りですが…

  1. ブラシで革表面の誇りや土を落とす
  2. 汚れを落とすクリームを塗る
  3. 革靴同色のクリームで艶出しと保湿をする
  4. 防水スプレーで仕上げ

本当に初心者が簡単に行うにはこんな感じでやれば良いとのことを靴店でもPOPとして書いてありました。

そしてクリームを塗る布は出来るだけきめの細かい布を使用するのがポイントとのことでした。

 

【仕上がり】

f:id:pagliuca-yuma1205:20190912233435j:plain

この手前の革靴がお気に入りに一点です。もう15年以上大事に大事にしてきました。手入れらしいことはしてきませんでしたが…。もう2つは仕事用です。

 

最後に

「今まで古くなったら買い換えれば良い」それが私の考えでした。ただ今になりお金の問題もそうなのですが、さらにいうと欲しいと思うような革靴もそんなに無いんですよね〜。

その時に読んだ本をキッカケ私も物を大事にしようという気持ちが芽生えました。そういった意味でもローランドさんの本は読んで良かった作品です。

 

www.kanta-blog.com

 

さらに15年以上使用している革のボストンバッグも手入れしました。手入れをするとまた一度無くなった愛着や味って不思議とまた出てくるんですよね♫

オシャレは足元からという意味は…

手入れを欠かさずしている…

味のある革の靴から始まるのなのかなとこの歳になって解釈しています。

何よりその日は30度を超える暑い日でしたが、作業している間は没頭していました。この没頭している間って充実している瞬間です。達成感と来週はまた冬用のブーツにも挑戦してみようという気持ちにもさせてくれます。

 

初体験の靴磨きは発見も多く、さらに革靴が息を吹き返したのではないかといった感じでなんとも言えない高ぶった気分になりました。

そのお気に入りの革靴…

まだ履けるようなら…

手入れできるだけ手入れしてみませんか?

 

それではまた。

『その着せ替え人形は恋をする』あらすじ・レビュー|コスプレ好きに捧ぐマンガ|”本屋のひとりごと”

 

ごきげんよう〜♫かんたーです♫

 

皆さんこのタイトルはご存知ですか?

『その着せ替え人形は恋をする』

f:id:pagliuca-yuma1205:20190909183404j:plain

現在1巻から3巻まで発売されています。

帯にも書かれていますがGAL×コスプレイヤーの物語。この表紙の女の子は全て同一人物です。

 

こんな方にオススメ♫

  1. コスプレに興味のある方
  2. 撮影に興味のある方(撮る側)
  3. 青春の甘酸っぱさを思い出したい人

これらに該当する方はあらすじレビューを引き続きご覧ください

 

〜あらすじ〜

五条 新菜(ごじょう わかな)高校1年生の男の子。将来の夢は雛人形の顔を作る”頭師”になること。幼少期、両親がなくなり祖父が引き取ることになる。その祖父が”雛人形の頭師”であった。

そしてもう一人…

クラスの中心で明るく友達の多い女の子喜多川 海夢(きたがわ まりん)。五条は喜多川とは同じクラスでありながら別の世界の人間だと思っていた。

 

”ありのままの自分を受け入れてもらえる世界はきっと生きやすいだろうな”

 

五条はある日、雛人形の衣装を学校で作ろうとミシンのある教室で作業していた。そこへ喜多川が同じ教室で出くわすことになる。喜多川にバカにされるだろうという五条の気持ちと裏腹に喜多川は驚きと尊敬の眼差しで五条に関心を持つ。

 

”好きなものに男とか女って関係なくない?”

 

〜この作品はコスプレ好きの女の子に衣装を作る男の子のある種の異世界物語である〜

 

レビュー

よくあるスクールカーストで上で存在する人と下に位置する人との立場を超えた恋愛物語という印象は正直、否めないです。

ただこの作品を推す理由を考えていました。でも…思いつかないんです。レビューとしては完全なる失態…。

じゃあなぜ買ったのか?を考えてみると…

  1. 作画の繊細さ(表紙のインパクト)
  2. 話題になっていた

この2つが購入の決め手になりました。1巻買って好みの作品でなければ続きを買う必要はないのです。そんな軽い気持ちで購入してみると…

  1. 読みやすい(セリフも長くない)
  2. 専門知識が多め

サクサク読めます♫私が読んだ感じの印象では、この作品もやや女性向けの作品なのかなとも思います。また、コスプレ等への印象も変わること間違いなし!

こんな作品もありだな〜と感じる間も無く2巻3巻を購入して一気読みしました。

巻を追うごとに気になることが多すぎます!!

「〜恋の行方はいかに〜」

 

最後に

私が書店のコミック担当でなければ正直、手に取らなかった作品です。でも一般の人でもこんな素晴らしい作品をいち早く知っているなんて脱帽です!!

例えるなら〜本好きはサッカーの監督〜のように思えます。一人一人が代表の監督で好きなメンバーで好きなシステム戦術で戦う

本好きも一人一人が好きな作家さん、作品を好きなように集めて作品を推す。

こういった方々が1人でも多く書店で勤めることが可能なら、きっと素敵な空間で素敵な作品に巡り会えるのでしょうね♫

私は書店員として未熟ですし、端的に作品のあらすじや作品の見どころを伝えることが出来れば素敵だろうな〜なんて夢見てます。

 

皆さんも良い作品に巡り会えますように♫

 

それではまた。