書店員のすヽめ

本の事や書店で働いてる時に感じた独り言、妄想を延々と語っていくブログです。個人の主観なので苦情は受け付けません。

忙しい割に、、、。

クリスマス前の週末、忙しくなると思って気合いを入れて仕事に行ったら、、、

 

暇なんですけど(泣)

 

やらなければいけない仕事は大量にあったものの、お客様はの入りはイマイチを通り越す始末。まじか、、、。天気もまずまずで割と寒くもなかったので期待していましたが、、、

 

そうだよね。世間は3連休。寒くない。天気まずまず。皆、遠出しているんだなと諦めて溜まっていたいた仕事を消化しました。

 

冬のメディア化は来週の休み明けに始めようと思います。

 

職場のパートさんには「もう出せばいいんだよ。」とも言われましたが「当店での売れ行きが良い方の作品を片付けるわけにはいかないんですよ!私が担当ですし私が決定権を持っています!」なんて言えるわけもなく、、、。

 

1番下ですしトラブルを招くわけにもいかず、とりあえず濁しました。

 

やれという割に作品自体も知らない方ですし、売れ筋かもわからない方ですので触らぬ神に祟りなしです。

 

こういうのが仕事していて辛いところですね〜。ある程度、討論になったり良い意味でぶつかる事が出来れば高みへ行けると思うのですが、、、

 

もうね、、、情報量なんか皆無ですし、こちらが知らないふりをするしかないです。

 

あぁ〜愚痴が止まりません!

 

こちらが発注出しても「これはいらないよね〜。」で終わります。

 

あなた方が購入するわけじゃないでしょ!購入を決めるのはお客様。だからこちらは浅く広くいろんな情報を集めてそれを提示しているです!

 

言っても平行線を巡りますしこちらが熱くなって話しても仕事への熱量が違いますから、気にしないのが一番です。

 

と最近では割り切って仕事をしています。

 

あの方々は売れ行きよくないと嘆いてはいますが、特別何かをしているわけでもないですし。仕事ができた元社員を追い出して今じゃ手が回らないという始末ですし。

 

本屋は他業種と違って専門資格は必要ないですが、独自に情報を得るという毎日に積み重ねで生きています。恐らく低賃金だからこんなもんでいいだろうという仕事ぶりしかいないような人が多いような気がします。

 

そんな私もわからない事が多いですが日々、勉強ですしあとは実際に興味を持った作品は買って読む!それでしか覚えることはできません。

 

忙しい割に売り上げが伸びるわけでもなく、、、

 

来る日も来る日も補充と整理と発注の繰り返し。

 

本当にそんな時は気持ちのこもった言葉が聞きたいなぁと思うのであります。

 

心に潤いが欲しい今日この頃です。