書店員のすヽめ 〜本屋のひとりごと〜

本の事や書店で働いてる時に感じた独り言、妄想を延々と語っていくブログです。個人の主観なので苦情は受け付けません。

受け入れるという事。

どうもかんたーです。

 

自分を受け入れるって難しいですよね〜。私自身、特技もなく趣味も多くはないです。さらに学生時代、勉強してきたわけでもないので学歴も低い。となると自然と仕事に就いても誰でも出来るような仕事になるわけで、、、。

 

それが嫌で何とか自分でもっと稼げるようにと思いSNSも利用しながらブログも使用しながらとやっていました。

 

でも私自身、人との交流が得意なわけでもなく気がつけば孤立している事が多々あります。こんなんじゃ仕事ももらえませんね!友人関係も増やせませんね!

 

そういう人間でも出来るような事、好きなことをと思いタブレットで絵を描くようにはなったのですが、、、

 

みんな絵が上手いわけですよ〜!

 

絵を描くことは得意な方だと思っていましたが、比べれるレベルにもなりません。

 

ネット社会でSNS普及してどんどん自分の得意だった事が大した事ないと痛感します。どんどん更新頻度も下がるという負のスパイラル。Twitterはこうした方が良い。ブログはこんな感じに書けば良い。

 

私には向いていないなと思います。そこは受け入れなくてはいけません。向いていないけれど自分なりに続けていこうかなと思っています。

 

いいね!貰えなくてもコメント貰えなくても誰の目にも止まらなくてもきっとそれが私なんだなと思うようにしなくては。そうはいっても自分のことが大好きですですけどね(笑)

 

これから何をやるにせよ周りと比べず自分を受け入れた上でコツコツと進んでいこうと思います。