書店員のすヽめ

本の事や書店で働いてる時に感じた独り言、妄想を延々と語っていくブログです。個人の主観なので苦情は受け付けません。

交友関係が狭いことのメリット・デメリット

友人がいないかんたーです。

 

何をするにも一人です。なので趣味も読書、ゲーム、動画がメインで休みの日は引きこもりです。

 

一見デメリットにも感じますが、私自身は案外、楽しんでいます。

 

例えば何かを買うにも自分の意思で決まります。これ美味しいよ!とか、あの店良いよ!なんて情報もありません。そうでなくても今はネット社会なので情報が溢れています。その情報を受け入れるのも拒むのも自分自身。

 

余計な詮索もされません。周りが私自身になんて言っているかも知りません。昔はこんな些細なことに振り回されていました。

 

デメリットを考えていましたが、デメリットって多分、周囲の人がぼっちで可哀想と思うくらいで正直、私自身はそんなに寂しいとは思いません。時間がある分、読書して知識を増やせますし、連絡が殆どないのでスマホ等に依存しない事もあります。

 

電話やメール等が苦手な人は少なくないと思うですが、それより皆、一人になる方が怖いのだと思います。

 

何かを協力して物事を成功に導く為の関係なら羨ましいですけどね!そう言った関係なら毎日が楽しそうです!

 

友人もいないし結婚もしていないどころか彼女もいません。周りから見れば不幸せに見えるでしょう。

 

ただ思いの外、私自身は楽しんでいます。この先、一人は大変だよと職場で言われる事もありますが楽観視しています。楽観視してはいけないでしょうが、悲観することでもないと思います。

 

人にどう思われるかより自分がどうしたいかで生きていた方がずっと幸せだと思います。

 

それではまた。