書店員のすヽめ 〜本屋のひとりごと〜

本の事や書店で働いてる時に感じた独り言、妄想を延々と語っていくブログです。個人の主観なので苦情は受け付けません。

意識高くはないけれど、読んでいる本です。

どうも、かんたーです。

 

読みたい本を買おうと思うとコミック以外のものが最近では欲しいという気持ちになり、ついつい買ってしまいます。その中でも、、、

 

自己啓発、ビジネス、エッセイを読む機会が多くなります。

 

f:id:pagliuca-yuma1205:20190301122636j:plain

この世界は思ったほどうまくいかないみたいだ

書店員の新井見枝香さんの『この世は思ってたほどうまくいかないみたいだ』。昨日買ってまだ読んでいませんが、『本屋の新井』が非常に面白かったので、こちらも楽しみです!

f:id:pagliuca-yuma1205:20190301122933j:plain

「承認欲求」の呪縛

新書、『承認欲求』の呪縛。こちらも気になっていたタイトルです。私自身も承認欲求はあるものの、、、全然、ダメです(笑)

f:id:pagliuca-yuma1205:20190301123258j:plain

『メモの魔力』

前田さんの『メモの魔力』。半分くらい読み進めています。中盤を迎え具体的にどうすれば良いのかを細かく教えてくれるものとなっております。何がやりたいのか見つかっていない人にも向けた作品です。これは学生さんが読んでも良いものだと思います。絶対にためになる一冊です!

f:id:pagliuca-yuma1205:20190301123834j:plain

「働き方1.9」「ちょいバカ戦略」

ヒロシさんの『働き方1.9」。こちらも半分くらい読んだ感想を言えば他のビジネス書と同じようなことを書かれている感想を持ちました。といっても堀江さんや西野さんの本しか他には読んでいませんが、、、。同じような感じの人たちが書く本だから私自身も影響されるのでしょう。

 

『ちょいバカ戦略』。こちらは出だしからわかりやすく、ヒットさせたきゃ一番売れる層を狙ってマーケティングしろって話。その事に関する事を深掘りしていく内容。

 

この他にも昨年から10冊程度、こう言った本を読んでいると、、、

 

そんなに難しく人生考えなくても良いのかなと思えてきます。

私自身、日々、没頭するものが変わって大変ですがこれもまた私の生き方なのかな。特別、これらを読んで意識を高く持とうなんてさらさら無いですし。あまりに無知であまりにも自分のやりたい事ない人生をどうにかしたいと思うだけです。

 

ただそれだけ、、、。

 

読み進めると少し前にも言いましたが同じ事を言っていることもありますし、それらが繋がることもあります。そう言った事を大事にして、これから過ごしていきたいです。

 

それではまた。