書店員のすヽめ 〜本屋のひとりごと〜

本の事や書店で働いてる時に感じた独り言、妄想を延々と語っていくブログです。個人の主観なので苦情は受け付けません。

地方書店員には選考する権利すら与えられない件|略して『店すら(てんすら)』

 

令和です!!令和になりました〜〜〜!!どうもかんたーです。

f:id:pagliuca-yuma1205:20190501213553j:plain

 今日は個人的な仕事の事を書いていくので、正直、TwitterにはUP出来ないと思います。

 

ふとネットを見て気になる事、ずっと引っかかる事がある訳ですよ〜〜〜。地方の最果て書店のコミック担当には書店員がお勧めするランキング的な用紙が来ない訳であります。

わかりますよ!!都会の書店さんに比べ捌いている量も違いますし、、、。

 

ただねこちらにもプライドはある訳で。収入に対して結構な本の量を買っていますよ!!!読んでいますよ!!!

そのランキングを見て思うのは本当に1100人の書店員が選んだのかなとも思えるランキングでした。

 

好みはあるにせよ「この中で選んでください」って言ったようなランキングではないのかなとも見受けられました。実際にはわかりません。私にはそのようなFAX来ていないですから。

面白みがない、、、。オススメしなくてももう人気ある作品ばかり。そう、、、言わば出版社でもランクが高い作品ばかり。

普段からマンガ読む人には知っているのではないかと思う訳です。

 

いやそこは書店員の主観が入って良いと思うんですよ〜〜!!でなくては全然、効果ないような気がしますし、所詮、やっつけ的な回答にも感じます。

書店員の主観が入るから面白いですし、多種多様に溢れたランキングになるように思えます。

 

私、サッカー観戦好きなんですがサッカー好きの中では有名な選手でもサッカー好き以外はまだ知らない選手をオススメしているよな感じに近い感じがします。

でも裏を返せば売らなくてはいけないので失敗できない作品、失敗できないランキングなのかもとも捉えています。

この攻めてない感、私は苦手ですね。これを本当に大多数の書店員がランキング付けたとなれば、世の中の書店員がそんなものなんでしょう。(決して喧嘩を売っている訳ではありません)

私はただ、、、残念です。。。

末端の書店員にも選考する権利があるのなら熟考して提出しますし、その中でランキングがこうでしたともなれば納得できます。

 

私だってコミック担当の書店員の端くれ!常に情報を集め気になった作品は結構、買っています。読んでます!!投票権をくださ〜〜〜〜い!!!

f:id:pagliuca-yuma1205:20190501213855j:plain

 

 

 

なんて絶対に口に出せないので、せめてこのブログでこの思いを伝えたかった訳です。

 

今日は地方書店員の思う事を書いていきました。

 

それではまた。