書店員のすヽめ 〜本屋のひとりごと〜

本の事や書店で働いてる時に感じた独り言、妄想を延々と語っていくブログです。個人の主観なので苦情は受け付けません。

『見える子ちゃん』レビュー|地方書店員コミック担当による書評

 

どうもかんたーです。

 

偉そうにレビューします。作品はこちら〜

『見える子ちゃん』 泉 朝樹

 

帯には

化け物が忍び寄ってもすべて無視…

微ホラー新感覚コメディ‼️

と書かれています。

 

内容はというと帯そのままの内容ww微ホラーながら化け物の絵が結構キツめ!!

ありそうで実際はないであろうシュールな作品ですね〜〜。1話読み切りでセリフ少なめ、イラストインパクト大なのでサクサク読めます。いろんな人を巻き込んでいく様がまた作品の幅を広げていますね!♫

主人公のみこの平然と無視する様からの泣き顔がなんか共感できる部分です。友人のハナのキャラ…いるいるこんなヤツ!という所も上手く描かれています。

1巻ラストの話がちょっと今後に伏線を持たせる内容で気になりましたね〜〜。お父さんは…?

 

こんな人にオススメ

  1. ホラー作品が好きな人
  2. ホラー作品読みたいけれど怖いと感じている人
  3. ダークなコメディを探している人
  4. グロテスクなイラストが好きな人
  5. 自身が『見える子ちゃん』な人

みたいな感じですかね〜。読んでみるのが一番です!!

 

 

最後に、、、

私自身が幼少期から特異体質で『見える子ちゃん』状態でしたので共感できる部分が多いように思えましたwwあるある〜と思いつつもあまりこの手の話をすると周囲から変な目で見られるのであまり話せないこともあったのですが…

こういう作品のおかげで救われる感情にもなりました。(まぁ泉先生はそんなつもりで書いている訳ではないでしょうが…)

 

大したレビュー出来ていないですが、何かの参考にしていただければ幸いです。

 

それではまた。