書店員のすヽめ 〜本屋のひとりごと〜

本の事や書店で働いてる時に感じた独り言、妄想を延々と語っていくブログです。個人の主観なので苦情は受け付けません。

記憶に残る書店、記憶に残る書店員を目指す|地方書店員の妄想

 

悩める中年羊かんたーです。

f:id:pagliuca-yuma1205:20190511081910j:plain

 

お客様の心に残るのは書店なのか…書店員なのか…

私はどちらも追い求めたい。

 

記憶に残る書店とは?

規模が大きければ本の在庫も展開も大掛かりに出来るイメージ。それでも小さな書店でも心に残る書店は作れるのだと思う。

ただ個人の主観が強いお店になるとお客様の足は遠のき、売れ筋や話題の本ばかりだと面白みもなく記憶に残らない。

 

記憶に残る書店員とは?

単純に本に詳しいとか、接客が丁寧といったわけではないのかなと思う。本に詳しくなるって物理的に無理!!正直、担当を預かっていても把握しきれないものも確実にある。(私の場合TLやBLがちんぷんかんぷん)

接客に関しても千差万別のお客様にあった対応なんて心掛けているつもりでも、出来ていな時の方が確実に多い。

 

現実的なのは…

お客様が入店しやすいような環境と、話しかけやすいような人柄を演じる事なのかも知れない。

本の数も本の知識も必要ですが、こちらには限界があります。こちらが「取り寄せになります」と言っても、お客様が「お願いします」と言えるような関係をもっと築きたいですね。

f:id:pagliuca-yuma1205:20190511082434j:plain

 

最後に

もう答えは出ちゃいましたねww

結局はお客様との関係性なんだと。

優れた書店員さんになるのは難しい。それは自分のエゴであり慢心につながる。常連さんだけでない初めて来店されたお客様でも、気軽に立ち寄って気軽に買える。

そして「あの書店員さん感じよかったね〜。また来よう。」となるのがベターなんだろう…。

と言ったわけで今日も私の妄想でした。

こういう書店、書店員になりたいな〜と頭で描いていても理想と現実にはギャップがあるわけで。そのギャップを少しずつ解消できてきた時、自分もそれなりの書店員になれるのだと思います。

 

それではまた。