書店員のすヽめ

本の事や書店で働いてる時に感じた独り言、妄想を延々と語っていくブログです。個人の主観なので苦情は受け付けません。

ニュースを見て思ったこと…

 

ごきげんようかんたーです♫

 

ニュースを見ては引きこもりまたはそれに関連した事件のニュースで溢れかえっています。Twitter等でも発信しているのも見かけます。

 

そこで必ずと言って良いほど精神疾患の話が出てきます。Twitter等でもこの手の話は「いいね」がよく付きます。

 

私自身が統合失調症と診断されて10年異常経過していますし、引きこもりも10年間経験しましたが、今となっては「そんなに気にすることではない。」と思っています。

 

だから本人たちが精神疾患で働けないとか、親が悪い、世間が悪い、引きこもりだとか言われてもピンとこない。

 

自分はもっとすごい人間なんだとか、もっと評価されて良い人間とか思い込んでいるだけなのだはないかな。自分より優れた人間は多くいるわけですし。じゃあどうやって自分を保てと言われれば…

自分に期待しない。

誰も私のことは知らないし、誰も私に興味を持っているわけではない。私に期待なんかもしているわけではない。

自分の人生なんだからやりたい事をやればいい。ただ…生活できるレベルくらいの収入を得て。

収入だって生活保護でも障害者年金でも申請して受理されれば貰えますし、生活できます。それで足りないなら自分でも出来そうで負担にならないレベルで働けば良いだけ。

 

なので精神疾患を言い訳にされても理解できない

苦しかったら病院へ行けば良いし、入院すれば良い。誰もが通ってきた道ですし、私も経験しました。

だからと言って寄り添いすぎるのもどうかと思う。

寄り添いすぎると心が弱っているので依存してしまう嫌いがあります。なので程よく距離感を保たないといけない。難しいですが自立させようと思うのなら効果的ではないかと思います。

 

今回の事件も被害者が統合失調症だとかゲーム依存症だとか、まるでそれが原因みたいな事に聞こえてしまいますが…

統合失調症だって100人に1人。と言うことは日本人だけで100万人はいるんですよ。世界で算出しても7000万人いるんですよ。一括りにするなと言いたいのです。

 

ゲーム依存症にしても依存している人が害なだけで、趣味で楽しんでいる人にもゲームは悪みたいに思われるような放送に嫌気がさします。

 

最後に

こういう支援がありますよ〜とか、寄り添ってあげないと〜とかそういう優しい気持ちは理解できます。ただ本人が真剣に考えないといつまでも解決しない問題。私は引きこもり中でも「また働きたい。外に出たい。」それだけ考えて、日々、できる事を増やした結果が社会復帰です。例え時代が変わって、職場を辞めなければならなくても、「まぁ何とかなるんだろ〜」って思っています。

自分に期待しすぎないで生きてくことが私にとっては楽な生き方です。それを推奨はしませんが、肩の力は程よく抜けます。

交友関係少なくて困ることもありますけど、それはそれで何とかなるもんです!!

 

病気を治す時には『頑張れ』

その後は『焦るな』

それだけで良い。本人が自覚しないと何も始まらないのだから。

 

それではまた。