書店員のすヽめ 〜本屋のひとりごと〜

本の事や書店で働いてる時に感じた独り言、妄想を延々と語っていくブログです。個人の主観なので苦情は受け付けません。

『書店の未来』ユリイカ|影響された地方書店員の話

 

 

ごきげんよう〜♬かんたーです🎶

 

ブログに書くネタが尽きていたのと…読書に時間を当てていたので更新できていませんでした。正確には常に疑問に思っていることはスマホのメモに入れているのですが、あまりよろしくないものしか記事が見当たらなかったもので…。

 

かといって今日も大したものではありません。

 

f:id:pagliuca-yuma1205:20190613083320j:image

ユリイカの特別号『書店の未来』。

この特集で組まれていた新井見枝香さんと花田菜々子さんの対談が読みたいだけで購入しました。まだ最初の4ページくらいしか読んでいません。またですww読み終わってから感想出せよ‼️ってはなしですよね。

読んでいくに連れ私の書店員としての考え方ってどうなんだろ〜と思わせる部分が多々あります。私自身の考えもこの方達の考えも正解ではない。正解って人それぞれ違います。

ただ…肩肘張って仕事をする必要はないんだな〜

って思う内容です。まだ途中までしか読んでいませんが。

それだけでも私にとっては収穫です!!

 

そんなわけですが…これからは肩肘張らずにぼちぼちやっていこうなんて思っても…私は無意識に熱くなって仕事しているでしょう。本を読むのでしょう…コミック中心ですが。

何者になりたいとか自分の生きてる意味とか見出そうとしても今はわからない。

KOKIAの『夢の途中』が頭の中で流れています。

 

地方書店の書店員でしか生きられないでしょうが、そんな人生も悪くはない。

新井さんのように本を売りまくるというのは現実的には私には厳しいでしょうけれど、少しでも近づきたいです。

今日も頭をフル回転させ仕事に没頭したいです。

 

それではまた。