書店員のすヽめ

本の事や書店で働いてる時に感じた独り言、妄想を延々と語っていくブログです。個人の主観なので苦情は受け付けません。

『次に来るマンガ大賞2019』投票しました|地方書店員の初投票

 

ごきげんよう〜♫かんたーです♫

 

初体験です…。パソコンから投票しました…。『次に来るマンガ大賞2019』!!

f:id:pagliuca-yuma1205:20190622235528j:plain

『次に来るマンガ大賞』とは?

”ユーザー参加型”のマンガ賞です。

 次にくるマンガ大賞では、ユーザーから「次にくる」と思うマンガのエントリーを受け付け、エントリーした作品の中から、特に人気の高かった作品をノミネート作品として選定します。
そして、ノミネート作品を対象に、ユーザーの投票を行い、大賞を決定します。

 

                      公式サイトより引用 

 

どんな感じなの?

「コミック部門 」と「WEBマンガ部門」に作品が分かれており、その中から3作品選びます。そして順位を決めコメントを書き込みます。

ツイッターやニコニコのアカウントで登録して参加します。

どんな人向けの作品があるの?

「コミック部門」は1862の応募の中から50作品がノミネートされています。

WEBマンガ部門」は1849の応募の中から50作品がノミネートされています。

個人的な意見としてはやや男性向けの作品に良いタイトルがあるように思えます。

それでも男女問わず好きであろう作品は結構な数あるようにも思えました。マンガ好きには悩ましいひと時です。

幸せなひと時でもありますけどね〜〜。

 

こちらが私の投票結果!!

コミックス部門

1位 『好きな子がメガネを忘れた』

目が悪い三重さん。天然なのか結構な頻度でメガネを忘れる三重さん。隣の席の小村くんはそんな三重さんが好き。メガネを忘れ物理的にも精神的にも距離が縮まる小村くんは恥ずかしがりながらも喜んでしまう。微笑ましい作品です。

2位 『シャドーハウス』

ちょっと複雑な物語。顔がないシャドー一族。その顔として使える生き人形のお話。生き人形「エミリコ」はご主人様のために今日もお仕事。立派なご主人様の顔となるために。シャドーに顔は存在しない。表情を見ることもできない。

無知でおっちょこちょいなエミリコ。その中でもご主人様の喜びや悲しみ、怒りを感じ取りご主人様と良い関係を築くことができている。

これから明らかになるであろうシャドー一族と生き人形。目が離せません。

3位 『乙女怪獣キャラメリゼ

感情が高ぶると怪獣になる明石さん。人を好きになるという事を諦めてしまっていた。そんな中、クラスのイケメン南くんとの距離がどんどん近くなる。デートに誘われ感情が高ぶってしまい…。この続きは読んでください!!

WEBマンガ部門

1位 『僕の心のヤバイやつ』

同じクラスでモデルの山田杏奈。市川はそんな山田が嫌だった。休み時間の唯一の場所に山田はいた。市川はそんな山田に話しかけられ色んなことに巻き込まれる。

徐々に山田の性格の良さに気づいた市川はだんだんと気持ちが山田の方に行くようになってゆく。

思春期の葛藤を描いた作品で私の好きな作品である。

2位 『異世界おじさん』

17年間意識がなかったおじさんが目を覚ました。そのおじさんは異世界からの帰還者だった。魔法が使える事がキッカケで甥っ子の、たかふみに唆されYouTuberになる話。時々、異世界の思い出話からおじさんのSEGAに対する熱すぎる思いが前面に押し出してきます。30代以上の人にはオススメのマンガです。

3位 『見える子ちゃん』

以前、私のレビューブログで紹介しましたねので割愛します。

 

いや〜どれも読んだ作品なので簡単にあらすじも言えますね〜。なんかコミック担当をちゃんとやっているじゃんって思ってもらえるかなwwランク付けしたものは全て購入して読んでいます。

ただ今回は自分で購入したという作品から選びその中でランク付けしてみました。購入を検討している作品も多くノミネートされていてたので本当に悩み、決断しました。楽しいひと時でした。

 

最後に…

ノミネートされなかったのですが私の推したい作品がもう一つ。

「事情を知らない転校生がグイグイくる。」

f:id:pagliuca-yuma1205:20190622233650j:plain

クラスメイトの西村さん(女の子)。なぜかクラスで『死神』と呼ばれてイジメられていた。そんな中、転校してきた高田くん。なぜか『死神』に憧れを抱いていて西村さんに猛アプローチ!!そんな純粋な高田くんに西村さんは惹かれていく。なくてはならない存在になっていく。

どこにでもいるような小学生を描きつつも、どこかほっこりします。これは永遠ではないとわかっていても…。

暗かった西村さんが少しずつ変わっていく姿に読む人の心を鷲掴みしていきます。

いつもはギャグ多めの川村 拓先生。しかしこの作品は川村先生の代表作になるでしょう。「賭ケグルイ(仮)」や「それゆけ異世界チート魔術師」のパロディも最高ですが、私はこの作品も推したかった〜〜!!

という地方書店員の叫びでしたww

 

きっと私も、書店員という立場、視点から作品を選べばきっと違うランクになると思います。ただこれはあくまで個人の投票であります。私が読んで心が動かされたものばかりですので胸を張ってオススメします!!(保証はしませんけど…。)

久しぶりに仕事抜きに興奮しました。仕事でもこれを活かせれば最高なんですけどねww

 

それではまた。