書店員のすヽめ

本の事や書店で働いてる時に感じた独り言、妄想を延々と語っていくブログです。個人の主観なので苦情は受け付けません。

文字やイラストで自分の色、出せていますか?|地方書店員の自分の色講座

 

ごきげんよう〜♫かんたーです♫

 

文字やイラストは自分の色が出ます。その色が個性なんだと思います。しかしその中で聞こえてくるのは「自分は字が下手」「絵を描くのは苦手」と言う声。

f:id:pagliuca-yuma1205:20190713223222j:plain

 

そもそも文字を書くことが、イラストが苦手・下手って何だろう?

 

苦手な理由

  • 幼少期・学生時代に直接、「下手」と言われた経験
  • 幼少期・学生時代に「上手」と言われる人と比べられた経験
  • 自分自身が思い描く様に描けない(理想と現実)

私の体験上、こんな感じかと思われます。

 

「上手」って何?

結局、「上手」と言われる人は見たものを見たままに描ける。それが出来ない人は大勢いるから結局、「上手」と言われる。「上手」と褒められて結果、好きになる。

「下手」と思い込んでいる人はこの逆なだけです。

うまく描けなくて恥ずかしいという負のスパイラルに陥りがちです。

 

好きなものを描く事の大事さ

好きなものを自分なりに描くことが大事なのかと。書いている間は没頭できます。この没頭する時間は現代において非常に大切。没頭することによりストレスも解消できると思います。

描いて描いて最初は「人に見せることができないよ〜」と思っても現代ならSNSのアイコンにしてみるのも良いのかと。そこの自分らしさが出る様な気がします。

某有名人の方もファンの方がSNSで使用するアイコンがその有名人の写真を無断で使用との事を受けて『嫌です。』と語っていました。またその方は「自分のファンならファンの方々がその有名人のイラストを書いて欲しい。その方がそのファンの方々の人となりが見える。」とも。

 

ぐうの音も出ません。

 

そんな私もイラストを描くのは好きなのですが、あまり時間も取れなくてそんなに数はないのですが以前のものもUPしたいと思います。

 

かんたー作(デジタルイラスト)

f:id:pagliuca-yuma1205:20190713220326j:plain

初めて描いたものです。初めて〜が滲み出ていますねww

 

f:id:pagliuca-yuma1205:20190713220443j:plain

ドラクエXをプレイ中に思いついてスライムみたいにしてみようでできた作品ww

 

f:id:pagliuca-yuma1205:20190713220625j:plain

喪黒福蔵の『ドーーーーン!!!!』を参考にしてみました。ちょっとずつ影とか入れてそれっぽくなってきていますww

 

f:id:pagliuca-yuma1205:20190713220830j:plain

元サッカープレイヤーエリック・カントナを描きたくなって描いた作品。もう…似ているとか…似てないとか…どうでも良くてww

 

f:id:pagliuca-yuma1205:20190713221056j:plain

私のブログで以前、オススメ本を紹介する為だけに描きました。

 

f:id:pagliuca-yuma1205:20190713221227j:plain

某サッカー選手のゴール後のパフォーマンスのイラスト。こちらはブログのネタで使用する機会があったので描きました。このアンバランスさ…画伯です!!

 

f:id:pagliuca-yuma1205:20190713221434j:plain

何かでみた絵に影響されて描いた作品。カラフルですね。

 

f:id:pagliuca-yuma1205:20190713222027j:plain

職場にTwitterがバレない様に描きました。モデルはCharisma.comいつかさんです。似てはいませんが…ここまできてお分りいただける様に私の色が出てきた様に思えます。これが個性です!!

 

最後に…

なぜこんな事を思ったかと言えば…職場でメモを残さない事とか、手書きPOPを皆で書こうと言っても絶対に書かない人たちへ捧ぐ私なりの抵抗です。

上手いとか下手を理由にされることが理由らしいのですが…

出来る出来ないは上手い下手はともかく実行することが1番大事で、実行して楽しみも覚えられます。

今では私は拙い手書きPOPですが描くことが楽しみになっています。

それを読んでその作品を買ってくれることがあれば、描いた私も嬉しいのです。そして推したい作品や作家さんの原動力になるのです。

 

苦手意識はあるにせよ、否定はしませんが一度だけでも手を付けてみることが大事なのだと思うのです。

 

それではまた。