書店員のすヽめ 〜本屋のひとりごと〜

本の事や書店で働いてる時に感じた独り言、妄想を延々と語っていくブログです。個人の主観なので苦情は受け付けません。

『SPY×FAMILY』の簡単なあらすじ・感想|地方書店員のオススメ漫画

 

ごきげんよう〜♫夏が苦手なかんたーです♫

 

暑すぎて毎日イライラしています(泣)

f:id:pagliuca-yuma1205:20190731231759j:plain

 

今日はコミック作品のご紹介。

SPY×FAMILY』(スパイファミリー)

f:id:pagliuca-yuma1205:20190731223329j:plain

集英社 ジャンプコミック 480円+税

簡単なあらすじ

暗号名(コードネーム)黄昏(たそがれ)。彼は凄腕のスパイ。百の顔を使い分けながら時代を生き抜いていた。その彼に任務が届く。次の任務に当たって結婚して子供を作れと指令が出る。猶予は1週間。

そんな無茶な要求でも彼はより良い世界のために動き出す。

孤児院へ向かい読み書きできる子供を探していたところ一人の少女と出会う。名前はアーニャ。物凄い知力を見せ黄昏はその女の子に決めることにした。しかし女の子アーニャ人の心が読める超能力者!黄昏の心の中も読んでいたのだ。

そのアーニャを使って名門小学校への入学試験を受けさせることになるが、何とか一次試験を突破したものの二次試験は両親子供の三者面談になる。

もちろん妻がいない黄昏はまた婚活することに。そんなある日、黄昏とアーニャが買い物をしていた時、黄昏に気づかれずに背後を取る女性ヨルと出会う。そしてヨルの心の中をアーニャは見てしまった。

彼女は殺し屋!!

アーニャはワクワクして二人の仲を持つことに…。

〜そして不思議な家族の誕生〜

そして二次試験に挑むことになるのだが…

 

簡単なレビュー

実はコミックは二次試験を終えるところまで読むことができますが、ネタバレになることを避けたいので気になった方は是非とも購入を検討してみてください♫

黄昏アーニャヨルも個性豊かなキャラクターではあるものの、作品をより良くする程度であまりギラギラしてない感じがとても良い。1話が結構長い作品ですが、次から次に読みたくなるので文字数多めでも一気に読めます。

アクションも有りますのでスパイ漫画として十分な出来栄えです。アクション多めの方が良いという人には若干、物足りないかもしれませんが、それでもストーリーの展開やサブキャラなども良い味出していますのでオススメです!

こんな人にオススメ

  1. アクションが好きな人
  2. 特殊な家族関係が好きな人
  3. ストーリー重視で漫画を読む人

 

最後に

そんなに数多くの作品を読んだことがない私ですが、この作品は良い意味で裏切られた感があります。私自身がキャラクターのインパクト重視で作品を購入する機会が多いためこの作品を読んだ後、ストーリーが思った以上に良いと感じました!!

他の作品も勿論、素晴らしい作品は多いです。ただこの作品は3人が絶妙なバランスを取っており、作品を際立てさせているように感じました。

作品の内容とは関係ないのですが…残念だったのは…当店に配本0だったのです!!私も休みの日だったため注文できなくて即、品切れ!!非常に辛い!!

まぁ地方書店なんで文句は言えませんけれど…。せめて配本で1冊は欲しいのであります!!

そして有難いことにお客様からも注文を受けたり、私も手書きPOPで作品を推したのが少しだけ良かったのか今日も売れました〜♫(まぁ作品が良いからでしょうけどね!)

 

話は変わり、9月に行われる書店大商談会へまたお邪魔させて頂くことになりました〜。今日、仕事中に「9月25日空けておいて〜。書店大商談会に行くから〜。」

 

今からワクワクです♫

 

その日を楽しみにまた色々と勉強させて頂きます。まだまだ知らない作品が多いので、少しでもその日までに作品を読めるよう、アニメのチェックも欠かさずできる範囲で頑張ってみます♫

 

それではまた。