書店員のすヽめ 〜本屋のひとりごと〜

本の事や書店で働いてる時に感じた独り言、妄想を延々と語っていくブログです。個人の主観なので苦情は受け付けません。

リアル店舗と取次との考え方のズレ|地方書店員の妄想

 

ごきげんよう〜♫かんたーです♫

 

今日は取次さんへの若干の不満を申し上げたいと思います。

f:id:pagliuca-yuma1205:20190806221855j:plain

うちの書店は地方の小規の個人の書店。そこで社員として働いております。先日、上の者から取次さんから預かった資料を頂きました。「コミックの棚をこんなかんじにしてみるといいよ〜」とのことです。

ありがたく拝見してみると…

面陳用の棚(表紙を見せる置き方)を一面にしてPOPをつける!と言った棚を設けるとの説明書きが。

当店は規模の割にそう言ったものを大々的に2面作っています。

1 アニメ化コーナー

2 WEB小説のアニメ化コーナー

でも説明書きには今期アニメと前期アニメ、次期アニメを混同させてはいけないと。

担当から言わせていただくとアニメが終わってから売れる作品も多いですし、アニメが始まる前に原作を読んでみようというお客様は当店は購入割合多いのが現状。

今現在アニメ放送をしているのにわざわざ買う人って当店は割合が低いです。

もう、これだけでも精一杯ですがさらに作って欲しいというのは今これがオススメ!という棚みたいです。

さらに注文があり…

1 長期的にランクが高い作品

2 巻数が少ない作品(多い場合は後ろの巻だけでもOK)

ただね…これを実行したら同じ取次を介している書店はほぼ同じのオススメ棚になるのでは?)という疑問。

上の者にも相談してみると「確かにそうだな」との回答。

さらに読み進めると…

オススメの作品は在庫がなくなる状態にしないこと

棚差し(背表紙だけ見える置き方)は避けること

「あの〜オススメしたくても配本がないんですけど〜〜」

「背表紙は避けるは分かりますけど、作品数を多く置けないんですけど〜〜」

とどんどん愚痴が出る訳です。

 

そして極め付けは私(担当)本人に直接言って欲しい!!

帰り間際、担当に渡して欲しいって去るのだけはちょっと残念な気持ちになります。

 

 

最後に

私の至らないところも多々あります。さらに言えば取次さんも言われたことを伝えなければならない人もいます。根本的に現場と会議室にはズレが生じている訳です。

ここまで愚痴と言いいますか注文はつけました。

ただ実際テストで始めた店舗で売り上げが上がったという方向がある事実もありますので私も8割は参考にしてみます。そして棚を空けましたのでこれから作ってみます。残りの2割のうち1割は当店のお客さの好み、1割は私のオススメにするつもりです。

何事も実行ですので、実行してみて長期スパンで頑張ってみようと思います。

f:id:pagliuca-yuma1205:20190806222006j:plain

それではまた。