書店員のすヽめ 〜本屋のひとりごと〜

本の事や書店で働いてる時に感じた独り言、妄想を延々と語っていくブログです。個人の主観なので苦情は受け付けません。

イベント参加に向けて|〜地方書店員の挑戦〜

 

ごきげんよう〜♫かんたーです♫

美容室へ行ってきました〜〜〜✨昨日までのグリーズマンから『パヴァール』へと変貌を遂げました♫(気になった方は是非、検索してみてください)

 

今日は以前の記事で紹介したことの続きになります。

 『イベントへの参加』

www.kanta-blog.com

 来年早々にイベントへの参加が正式決定して当書店も準備に取りかかり始めています!!(私だけですけど…)オリジナルのブックカバーのデザインを主催者と話し合ったり、イベントスペースやその他諸々をメールしてもらい、あとはこちらが選書とブックカバーの制作に取り掛かるだけです。

f:id:pagliuca-yuma1205:20191202234346j:plain

【かんたーの問題点】

私はコミック担当ということもあるのですが、小説を一切読まない人間なのであります。数点は読み進めていますが…私の読解力、知識量が大きく欠けているため小説の内容を理解できないという致命的な点があります。(ちなみに読んでいるのはコンビニ人間』『星降る島のフットボーラー』『あのコの夢を見たんです。』など) 

コンビニ人間 (文春文庫)

コンビニ人間 (文春文庫)

 

 

 

 

星降る島のフットボーラー

星降る島のフットボーラー

 

それとやはり…小説は長い!!ってのが第一印象で今も消えない苦手意識もあるのです。小説の良さはエンディングまでのプロセスが重要だと個人的に理解はしているんですが、読みたくて買った作品もなかなか前に進まないのが私個人の現状である。

【どうやって選書する?】

私も書店員の端くれ。やたら無闇に検索をかけるわけではないのです。

  1. ジャンルを決める
  2. イベントの客層を考える
  3. 私のような読書初心者でも読める作品

これを基盤にして選書している最中です。勿論、中には私が読了した数少ない作品の中からのお勧めも入れようかなと思います。

【スペースを考慮して入れたい作品】

新書数点は個人的に入れてみたいです。(これは完全に私の趣味)

それとスペースに若干の余裕があるのなら…1作品だけコミックを展開したいのです!!その作品は

〜『鍵つきテラリウム』〜 

鍵つきテラリウム(2) (メテオCOMICS)

鍵つきテラリウム(2) (メテオCOMICS)

 
鍵つきテラリウム(1) (メテオCOMICS)

鍵つきテラリウム(1) (メテオCOMICS)

 

一緒に自分が部屋に飾っている【複製原画】を添えて彩を与えたいですね♫

 

イベントの成功を祈願するとともに それまでに仕事だけでなく忙しくなるでしょうから この12月を『楽しんでいきたい』と思います♫

 

それではまた。