書店員のすヽめ 〜本屋のひとりごと〜

オタクな地方書店員のブログです♫

統合失調症とサードアイ|『サンビットラジオチャンネル』真冬の都市伝説で感じた事|妄想癖書店員のひとりごと

 

ごきげんよう〜♫かんたーです♫

 

今日こそは早く寝ようと横になったのですが、いつもの癖でYouTubeをつけていたらチャンネル登録している『サンビットラジオチャンネル』が真冬の都市伝説でUPしていたので観ていて思うところがありました。(※かんたーは都市伝説好きです)


【真冬の都市伝説祭り2019】サードアイは○○がきっかけで開眼する!?【スピリチュアル都市伝説】

この話をしてくれた「うまP」さんのお話を聞いて共感できる部分もいくつかありました。

ただ私は統合失調症という病名を付けられてはいます。なのでこの話とはちょっと違うかもしれません。

『かんたーの歩み』

【かんたーの幼少期】

人見知りが激しく内気もいいとこ。いじめられることも多々ありました。それでも私は周囲に助けられる場面が多く良い子に育ちました。(←自分で言うな)この頃から数は少ないのですが不思議な体験等もあり。

【かんたーの思春期】

サードアイ開眼!!もう心霊体験は数知れず状態に。「周囲も霊感あるのでは?」と言われていましたが、当の本人は「そうなのかも」と思いつつも体育会系の部活に所属していた為、ただの疲労だと思い込んでいました。

脱線しますがこの頃からサッカーにものすごく影響され、超一流の選手の名言とかそう言ったものが私の人格を形成し、ちょっと扱いづらい人間へ変貌します。

【かんたー 社会の洗礼を浴びる】

こんな調子で社会へ出るもパワハラ等に屈します。就職氷河期もあり職場を転々とする日々。この頃から精神科へは通院し始めます。症状は伝えるものの本音を隠して診断を受けていました。医者も信じられない。さらに病気とかではないのではと思うようになり、薬をやめてみたり。

【異常】

私自身何を言ったまでは覚えていませんが、会う人会う人に「ちょっと変。何かあった?」などと言われ始め 家族からも様子が変だと認識し始められる。(回復してから聞いた話です)

統合失調症で隔離病棟へ入院】

頭の中も 目の前も真っ白になりました。それだけは微かに記憶があります。気力も湧かず「矢吹丈」状態。(この頃の睡眠時間は1〜2時間)気がついたら個室で常に緊急性を要していたらしいです。(ただ2ヶ月で回復するまでに)

【退院】

本当の戦いはここからで、しんどかった。常に恐怖に襲われ常に誰かいないとダメな状況で姉に居れるだけいてもらった記憶があります。姉も当時の私は異常だったと話していました。

【発症から10年】

少しずつ社会の手助けもあり働くようになり 今では書店員やっています。何がキッカケかと言われれば一つではないのですが…あくまで私の体験では…

【かんたー 復活のキッカケ】

以前も紹介したように私の母は「毒親」でした。母も精神を病んでおりさらに私自身に対しても心配していたでしょうけど、私はその時『母はもうこの世にいない』ものと捉え『家を正常な状態にもっていく!!』さらに諦め切れなかった『社会復帰!!もう一回仕事をしたい!!』その気持ちだけで 自分の身の回りだけでなく 家事全般をやるようになり お金を管理できなかった母に代わり 家計のやりくりをはじめる。(一人暮らしの経験もあり役に立ちました)

そしてその辺りから自分の考え方というか価値観も変わり始め『別にどうでもいい』という事が増えました。

常に自分が一番で 自分が正しいと思い込んでいましたが その事すらも「まぁいいか」…。これです。何でもきっちりやる私がいい感じでズボラになり さらに周囲の人間関係(親友)もいなくなり 誰かに縛られることもなくなり ようやく自分らしくなった気がします。

 

www.kanta-blog.com

www.kanta-blog.com

www.kanta-blog.com

www.kanta-blog.com

www.kanta-blog.com

 

最後に

別にあなたを見ている人なんていないし 誰も気に留めていない。考えているのは本人だけで周囲は冷ややか。だから周囲に気を遣いすぎる必要はないし 自分がやりたいことをやればいい。発信したいことを発信すればいい。

求めすぎている人間が多すぎ。

見えない実態に期待しすぎ。

私も「うまP」さんと同様に諦めなければ何とかなるものだと思う。向き不向きもあるし『自分には何があっているか』と『何が好きか』を俯瞰してみる事ができれば 自ずと成果は現れる気がする。

人生悩んでいる時は一度『サンビットラジオチャンネル』をオススメします。

ステマじゃないよ♫

『ありのままです。』

 

それではまた。