書店員のすヽめ 〜本屋のひとりごと〜

コミックのあらすじレビューを始め、雑誌の付録レビューなど本にまつわる記事を多めにUPしていく地方書店員のブログです♫

『2019年ブログ総括』と『個人的出来事』

 

ごきげんよう〜♫かんたーです♫

f:id:pagliuca-yuma1205:20191231132255p:plain

 

【かんたーの今年の総括】

今年も終わりを迎えようとしています。皆さんは今年はどんな年でしたか?私の中での大きな出来事は母が他界したことです。年の後半はいろんな手続き等で忙しさとまた仕事での負担も増え、しんどかった。

 

www.kanta-blog.com

 

 

それでもこうやってまだブログを続けられています。なんだかんだプロに変更してからも早いもので1年が経ったみたいです。正直最初は何を書いたらいいのかも分からないまま続けていましたが、やはり仕事である書店としての日常や面白かった本のレビューが続けられる要因になりました。

先日は『週間はてなブログの記事の中で「オススメコミック」として私の記事も取り上げて頂き正直に喜ばしい一つの思い出になりました。

 

www.kanta-blog.com

 Amazonアソシエイトも手続きを済ます事ができいざやってみても、全然成果が出なかったのですが先日何気なく確認してみたら100円の報酬が出ています♫まぁ500円以上じゃないと換金できないのですが、目に見える形で成果も挙げられました♫

 

いろんな方がこんな私の記事を紹介してもくれましたし、そのお陰で読者の数も増えました。本当に感謝です♫この場を借りて『ありがとうございました〜〜♫』

 

来年の目標は…

「新たなジャンルにチャレンジ‼︎」であります。詳細は近日公開‼︎ブログの感じも試行錯誤を続けていますし、できたら毎年モデルチェンジはしていきたいなという思いもあります。(そんなに高みは見ていません)

 

最後に

ブログを見ていて思うことはやっぱりこういったこともセンスはあるのだと感じます。皆が知りたい情報をいち早く提供。そしてなによりも『親近感』があります。

自身を俯瞰してみてもやっぱり親近感ってないんですよね〜。Twitterでもフォロワー数は伸びなく「いいね」もほとんど貰えない。ブログでもアクセス数やスターはほとんど伸びません。

他者から見れば「続ける意味ある?」って思われるでしょう。

それでも私は『好きなことを好きなだけやって記事にする』。それが続けられてる要因です。他の人と比べれば「承認欲求も高くない」と思うのです。

来年も気合入れすぎず低い目標を着実に超えていきたいと思います♫

 

それでは皆さんも 良いお年を〜♫