書店員のすヽめ 〜本屋のひとりごと〜

コミックのあらすじレビューを始め、雑誌の付録レビューなど本にまつわる記事を多めにUPしていく地方書店員のブログです♫

かんたーの仕事始め2020|かんたーの今年の目標と倒れない目標設定の立て方

 

ごきげんよう〜♫かんたーです♫

f:id:pagliuca-yuma1205:20200103232834j:plain

 

【2020年地方書店員かんたーの仕事始め】

今日が私にとって今年の仕事始めでした。新年のご挨拶を済ませ…いざ仕事です‼︎

いや〜結果から言うと〜凡ミスが多かった1日でした〜〜(泣)

年中、遅番の私。記憶にないくらい早番をやっていなかったので、朝何をしたら良いのか分からず店のPCを起動させ掃除をして、いつ入荷したのか分からないラノベやコミックをシュリンクしているうちに開店時間。

 

朝イチでお客様がご来店。いざ今年初レジ‼︎ ん…? レジが点いていない… やってしまった… レジを起動させるのを忘れる始末…。

なんとか対処して次のお客様。レジを難なく済ませ〜

「よし‼︎」と思いきや…

お客様が「ポイントカードってこれでしたっけ?」と。

ポイントカードあるのか聞くことを忘れる凡ミス。しかも今日はこれを2回‼︎集中力の問題か休みボケか…。

正直、気持ちが明日のイベントへの参加の準備で心ここにあらずでした。

さらに上のものもイベントへの参加は軽い気持ちで引き受け、力も入れるようなこともなく、私自身も楽観視していたのですが、ここにきて俄然やる気を出しあれやこれと指示を出してきて(泣)

いや…出来るのならもっと早く言って欲しかったな…イベントは明日ですよ(泣)

 

www.kanta-blog.com

www.kanta-blog.com

 イベントへ誘われることが初めてなので楽しんできます♫

 

【目標設定の仕方と落とし穴】

そして…あまり目標を立てるのが苦手で、立てたことも達成できたことない私なのですが光さんのブログをみて目標を立ててみようと。

 

www.mitsu-note.com

 


科学的に正しい新年の目標の立て方

参考にしてみます。要約すると…

1 一見、全然関係ない目標を立てます。

例:読書時間を増やしたいと会議の時間を短くしたい。

2 各々の問題をどうするか。

例:会議にかける時間を短縮する。(例えば会議する場所に行ってから1から始める のではなく、予めメールなどで要点をまとめておくみたいな感じ)そうすることで会議では本題から始められ時間を短縮できます。そうすることにより会議の時間は減らせ、その分読書に時間を充てられます。

【かんたーの今年の目標設定】

1つ目はクリエイティブな時間を増やしたい。(イラストや写真・画像加工など)

対して自宅での仕事を減らしたい。(本に関する情報収集)

これに関しては簡単ですね。毎日行っていた、本に関する情報取集は2〜3日に1回と減らします。そうすることでイラストや写真撮影、またはブログなんかも頻繁に更新できることでしょう。

2つ目は買い物(物欲)を吟味する。要は出費を抑えることと、知識を増やすこと。

買い物自体は好きですし、どちらかと言えば浪費家です。なので買うものはよく吟味をして買う。あまり検索するのも正直面倒ということもありますが、この検索するまたは本を読んで情報を得られれば知識も増やせます。

今年はこの目標を掲げて1年を過ごしてみたいと思います。

最後に

少し触れましたが、浪費家と言われても仕方ないような私。月にマイナスになることはないのですがPCも買い換えるときにMacBook Pro13(ランクは一番下)iPad Pro12.9(256GB)そして最近ではカメラの購入。

 

www.kanta-blog.com

 

収入の多い職業ではないだけに何を考えているんだ?と、お思いの方も多いのではないかと思われますし、そんなに凄い仕事は正直していないのです。ただやはり便利でスマホタブレットもPCもAppleにすることで作業効率は上がりますし、作業していて、そんなに悩むこともありません。分からなくなればKindleunlimitedでMaciPadの便利な使い方も読むことができます。

カメラは完全に体験してみたかっただけなんですけど…PhotoshopLightroomというのも体験してみたいという気持ちでした。

 

www.kanta-blog.com

 

何事もやってみたいことには挑戦していきたいですし、それで必要な資金はなんとか捻出していければなと思う次第です。

それでもこれからは、今よりもっとお金と時間は大切にしていきたい。そんな気持ちです。

皆さんは今年の目標は何にしましたか?

仕事始めに前に、一度今年の目標も一緒に考えてみてはいかがでしょうか♫

 

それではまた♫