書店員のすヽめ 〜本屋のひとりごと〜

オタクな地方書店員のブログです♫

『本屋をやりたい人へ向けた”本”3選』のご紹介&動画|これからの本屋の在り方|地方書店員の妄想

 

ごきげんよう〜♫かんたーです♫

 

私なんかも将来、小さな本屋さんをやってみたいという気持ちがあります。現在の書店で働く書店員という仕事も正直どこまで出来るのかも不透明だからです。

そんな小さな本屋をやってみたいという方へ向けた”本”』のご紹介をしていきます。

それでは〜いってみよう〜♫

f:id:pagliuca-yuma1205:20200111224310j:plain

 

【本屋を開店したい人へ向けたオススメの”本”3選】 

雑誌『BRUTUS』2019年11月1日号より

”本屋大好き”書を探しに、町へ出よう!

”名物書店員がいる町の本屋”

f:id:pagliuca-yuma1205:20200111224155j:plain

全国津々浦々の新刊・古書を取り扱うお店の内装や関わる書店員たちを取り上げてくれている雑誌です。

”内装”であったり”本の見せ方”を工夫したり私のようなひよっこ書店にも楽しめる1冊でした。

”本屋のイメージ”を現代のニーズに合わせた作りで参考になる1冊になります。

 

BRUTUS(ブルータス) 2019年11/1号No.903[本屋好き。]

BRUTUS(ブルータス) 2019年11/1号No.903[本屋好き。]

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2019/10/15
  • メディア: 雑誌
 

 

月刊紙『建築知識』1月号より

”世界一美しい本屋の作り方”

f:id:pagliuca-yuma1205:20200111224120j:plain
こちらは買ったばかりで詳しく読んでいませんが、内容は…

  1. 本屋さんになりたい
  2. 設え方|来店者を増やす
  3. 見せ方|美しく本を見せる
  4. 基本|知っておきたい基礎知識

の4つの項目に分かれて説明してくれています。

”現存する書店さんの間取り”を紹介してくれたり、店を構えたい人が”どんなスタイルで本屋を開きたいか?”や細かな”豆知識”等も多く含まれ、建築の本の枠組みを超えた、まさに”本屋を開きたい人のための至極の1冊”となっております。

地方書店員が唸った1冊‼︎間違いない‼︎

 

建築知識2020年1月号

建築知識2020年1月号

 

 最後にご紹介するのはこちら。

ユリイカ

”書店の未来” 本を愛するすべての人に

f:id:pagliuca-yuma1205:20200111224223j:plain

書店員、オーナー、出版業界と”本””書店の現状”そして”これからの書店”などについて本に関わるいろんな方々が思いの丈を語ってくれています。

読んでいると耳が痛くなったり、心が苦しくなったり不安に襲われたりもするのですが、それが現状なのです。

それでも”本屋をやりたい”と思う強い気持ちがあればきっとうまくいくのであろうと思います。

 

ユリイカ 2019年6月臨時増刊号 総特集◎書店の未来 ―本を愛する全ての人に―

ユリイカ 2019年6月臨時増刊号 総特集◎書店の未来 ―本を愛する全ての人に―

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 青土社
  • 発売日: 2019/05/27
  • メディア: ムック
 

 

”本屋を開業”することは容易ではないです。それ以上に”本に対する熱”が無ければ続きません。本好きのお客様も相手にすることが多くなる。それは飽くなき”本”への探究心と初心を持ち続けなけくてはいけない事でもあります。

まぁ正直、それだけではないでしょうけど。

”本屋をやりたい”人へ向けた動画をご紹介します。


驚愕!本屋の開業資金を全公開します!


#本屋の価値って 23歳女性店主のリアル


国立市にオープンした本屋カフェ「ほんのみせコトノハ」の雰囲気が最高!

 

最後に

私自身は、もっと真摯に”本”に向き合いたい。そしてその行き着く先が”本屋”なのでしょう。

かといって現状の書店員の仕事にはあまり不満はない。ただ新刊書店が減る一方、小さな本屋を開業する方も増えています。

ひとりひとりのお客様の記憶に残るような書店、書店員でありたい。

いつかはそんな”本屋”をひらいてみたいものです♫

 

〜それではまた〜