書店員のすヽめ 〜本屋のひとりごと〜

オタクな地方書店員のブログです♫

”心が疲れた時にオススメの本”5選

 

ごきげんよう〜♫かんたーです♫

 

普段から誰にも依存しすぎていない私でさえ疲れました。現実でもネットでも。

 

www.kanta-blog.com

 Twitterやネットニュースなんかは仕事の上でも情報としては欠かせない職業でもある書店員。ただ「別に…。」知らなくても良い情報まで入ってきて脳内カオス状態でした。以前の記事を書いてから2〜3日はネットに繋がない日々を過ごして、それ以降は徐々に戻していくことにした結果、心も少し落ち着きを取り戻しました。

 

そんな時に読み始めた作品が心に染みるの何の

 

”心が疲れた時にオススメ”の本3選 

『探しているものはそう遠くないのかもしれない』

探してるものはそう遠くはないのかもしれない

探してるものはそう遠くはないのかもしれない

 

カリスマ書店員こと新井見枝香さんが自身のことを綴ったエッセイ。”会社員に向いていない” ”結婚に向いていない” ”大人に向いていない”ことをテーマにしています。読み進めている最中なのですが、やっぱりこの方の伝えたいことが未だに理解できません。

ただ次のページも開きたくなる何かがあります。(この人ヤバい人だ‼︎きっと!)←これだ‼︎

 

『モテたいと思っている男ってなんであんなに気持ち悪いんだろう』

 

『あなたの孤独は美しい』

あなたの孤独は美しい

あなたの孤独は美しい

 

 

www.kanta-blog.com

 

世の中には色んな人がいますし、そんな方々の生き方も否定するつもりもありません。ただネットの世界は騒がしい。そんな時は音楽をかけながら読書に限ります。

この著者の方々の本を読んでいくうちに『こんな自分でも存在して良い』『皆と同じじゃなくて良い』と感じられることが多々あります。

基本私は『自己肯定感』は低くはない(高い方)ですし、『承認欲求』は高くはないのですが世の中狭いように感じ、疲弊するのです。ネットはほどほどに、そしてもう少し現実に重きを置いて過ごしてみようと感じました。

 

そんな現実でもネットの人間関係に疲れた時に『読書』は最適です。活字は読む気が失せるという人にオススメの漫画もあります。

 

”心が疲れた時”にオススメの漫画2選

『ギャルと恐竜』

ギャルと恐竜(3) (ヤンマガKCスペシャル)

ギャルと恐竜(3) (ヤンマガKCスペシャル)

 
ギャルと恐竜(1) (ヤングマガジンコミックス)

ギャルと恐竜(1) (ヤングマガジンコミックス)

 
ギャルと恐竜(2) (ヤングマガジンコミックス)

ギャルと恐竜(2) (ヤングマガジンコミックス)

 

 

www.kanta-blog.com

 クスッと笑えて心温まる日常作品です。アニメ化や映画化も決まった期待の作品です♫

『スキップとローファー』

スキップとローファー(3) (アフタヌーンKC)

スキップとローファー(3) (アフタヌーンKC)

 
スキップとローファー(1) (アフタヌーンコミックス)

スキップとローファー(1) (アフタヌーンコミックス)

 
スキップとローファー(2) (アフタヌーンKC)

スキップとローファー(2) (アフタヌーンKC)

 

”自分は自分でままでいい”

ありのままの自分を受け入れることの大切さを気づかせてもらった作品になります。

 

読書は

『自分自身と向き合う』

『自分自身を見つめ直す』

そういった時間を与えてくれます。

ちょっと心が疲れた時に『自分の為だけに』本を読む時間を作ってみてはいかがでしょうか。

〜そして今朝は気持ちの良い青空〜

その写真をUPして今日はお暇したいと思います。

f:id:pagliuca-yuma1205:20200218213450j:plain

それではまた。