書店員のすヽめ 〜本屋のひとりごと〜

オタクな地方書店員のブログです♫

〜名作漫画との出会いを求めて〜|『不完全な人の為に』レビュー

 

ごきげんよう〜♫かんたーです♫

 

読み終えた作品をご紹介します。今回はTwitterでフォローしている漫画家さん”東385”先生の作品でtweetしている方が何人かいたので気になり購入してみました。

『不完全な人の為に』

不完全な人の為に(1) (ガンガンコミックスpixiv)

不完全な人の為に(1) (ガンガンコミックスpixiv)

  • 作者:東385
  • 発売日: 2017/07/22
  • メディア: コミック
 
不完全な人の為に(2)(完) (ガンガンコミックスpixiv)

不完全な人の為に(2)(完) (ガンガンコミックスpixiv)

  • 作者:東385
  • 発売日: 2018/02/22
  • メディア: コミック
 

あらすじ

ロッカーに閉じ込められていた。救出するとフードかぶった女の子(こころ)が出てくる。靴の色を確認すると…「先輩なのか」

その変わった先輩と、その日から関係が濃くなる。

先輩は虐められていた。それでも笑顔だった。星井は「嫌なことをされているなら無理に笑わなくても大丈夫です」と。

先輩は小学校時代からいじめを受け、先輩なりの復讐を敢行。その夜、ピンクのペンキを学校中にペイントする。

「やなものは好きな色でいっぱいにできたらさ

 私も好きになれていいかなーって思ったんだ」

「逃げてもいいから自分の感じることに正直になったほうがいいっていう言葉

 きっと君にとっても大事な言葉だと思うから大切にしてね。

 いつか君にも ちゃんと笑ってほしいから」

先輩はこの言葉と星井のほっぺにピンクのハートマークを残し帰って行った。

                      〜つづく〜

感想

この作品は全2巻で構成されています。先ほどのあらすじは1巻の1話の内容に基づいています。2巻で完結ながら読み応え十分すぎるほどの作品で、ここからが劇的にストーリーが変化していきます。

”一歩踏み出す勇気”これが全てで情熱をギュッと閉じ込めて、最後は開放していくのですが、星井も周囲もどんどん一歩ずつ踏み出していく”こころ”に感化されていく。時には不安に押しつぶされそうになりながら。

〜どんな人にオススメ〜

  • 何者にもなれない多くの現代人
  • 現代社会に生きづらさを感じている人
  • 孤独を感じている人

現代の多くは”何者にもなれない大人”が多いような気がします。勿論、私自身もです。自由になった分責任も伴う。でも結局”何がしたんだ自分は”。こういった方に読んで頂くと少しだけ強くなれる気がします。

物語の終盤には”こころ”が夢を語り出します。その表情、情景は晴れ晴れしていて、ちょっと寂しげ。多感な時期をよく表現されているように感じます。

そして作者の”東385”先生も「全ての”不完全な人”に贈るハートフルストーリー」と書いています。

 

で話は飛びますが、この設定の物語を読んでいると以前に読んだ作品が思い出されました。

 『後輩くんは甘やかしたい』せかねこ

後輩くんは甘やかしたい (ピクシブエッセイ)

後輩くんは甘やかしたい (ピクシブエッセイ)

  • 作者:せかねこ
  • 発売日: 2018/06/01
  • メディア: 単行本
 


www.kanta-blog.com

www.kanta-blog.com

 ストーリー自体は明るくPOPでエンディングにちょっとグッときます。”東385”先生の作品とは真逆(陰と陽)ですが設定が高校で2年先輩に変わった女の子がいる。そこだけ似ているだけで少しだけ懐かしさも感じました♫

東385先生の現作品は以前レビューしましたのでご覧ください。

推させて! Myティーチャー(1) (電撃コミックスNEXT)

推させて! Myティーチャー(1) (電撃コミックスNEXT)

  • 作者:東385
  • 発売日: 2019/06/27
  • メディア: コミック
 


www.kanta-blog.com

 

最後に

私が現在読み進めている作品の多くは孤独ものの作品が多いです。好きなんでしょうね♫常に1人で行動なのですが慣れすぎて何も感じなくはなりましたが、やはり少し考え込んでしまう時もあります。

「気にしなくても大丈夫だよ!」そんな言葉をかけてくれる人はいません。

それでもこうやって”何者にもなれない大人” ”孤独と向き合う”なんてものは本を読むだけで解消さていくものです。自分の時間に浸かれるのも悪くはないのです。

 『あなたの孤独は美しい』

あなたの孤独は美しい

あなたの孤独は美しい

 


www.kanta-blog.com

この本も7割読み終えて、世の中色んな人がいるもんだと逆に前向きになれる作品です。 それだけ”戸田真琴”さんの素直で歪んだ性格に私自身、困惑を隠しきれませんでした。なんか面倒くさい人。でも”外側から見えないくらい高いプライド”とかは共感できました。

話を戻し

現実問題、夢とか昔から無かったのですが、今は個人で出来る小さな本屋さんはやってみたいかも〜なんて思ってはいます。

 

www.kanta-blog.com

www.kanta-blog.com

私の身の丈にあった私なりの人生を歩んでいき、何者にもなれなかったとしても出来るだけ多く足掻いていこうと思います。

 

”不完全な人”が撮った『不完全な人の為に』

f:id:pagliuca-yuma1205:20200323184329j:plain

f:id:pagliuca-yuma1205:20200323184352j:plain

今日も”不完全”燃焼ですww

 

〜それではまた〜