書店員のすヽめ 〜本屋のひとりごと〜

オタクな地方書店員のブログです♫

SNSリテラシー|誹謗中傷について

 

ごきげんよう〜♫かんたーです♫

 

最近ニュースで見た悲しい出来事。

その原因はSNSにあったのではないかと囁かれています。

この問題を個人の主観で綴っていきたいと思います。

SNSリテラシー

リテラシーとは「適切に理解・解釈・分析し、改めて記述・表現する」という意味だそうです。

Wikipedia参照

 確かにリテラシーがない人は少なくない気がします。もしかすると私もそういった表現をしているやも知れません。本人は自覚がそれほどなくても、息を吐くように文字を打ち込んでいる気がします。

そこが残念な部分!

相手への配慮があればなんても思いますが、配慮がある方はそもそも誹謗中傷なんてしない。

 

私のSNS

Twitterのみを利用しています。ブログやイラストや写真をUPするだけで、そもそも呟かない。誰かに対してコメントをする事もない。

中には過激な発言をされている方も見受けられますが、基本スルーします。関わりたくないのが本音です。

逆にイラストをUPしていたり、何気ない日常を呟いたものにだけ”いいね”する。

確かに意見を発するのは良い事だと思う。反面、受け取り側にマイナスなイメージを与えてしまってはアウト。その線引きが難しいですし、私自身が言葉を文字に変換するのが”苦手”なこともありコメントは殆どすることはありません。

私もブログでブラックな事も書いている時もあります。それでも個人名を晒すことはしませんし、考えの違いとして認識しています。

ただ今回のニュースを受け、私もそういったブログを見つめ直して”消去”するまたは”訂正”していきたいと思うキッカケになりました。

誹謗中傷

他人への勝手なイメージだけで誹謗中傷を繰り返す輩はいます。人には”外の顔”と”内の心”はマッチしない方が殆どだと思うのですが、その本心も知らずにイメージ先行で罵詈雑言を浴びせるのです。

本当に人間のすることか…。

何が”日本人は協調性がある”だ!笑わせるな本当に!

ネットでなくても”誹謗中傷”や”ありもしない噂話”で辛い思いした方は、多くの方が経験されているのではないかという気がします。

私自身も過去にそういった事柄が原因で、入退院を繰り返し社会復帰できるまで10年という月日がかかりました。ただ陥れた方はきっと何も感じていませんし、「かんたーがおかしくなっただけ」で済ませているのでしょう。

それでも10年という月日は自分にとってマイナスな部分だけではなく”自分自身を見つめ直す時間”であったり、今まで出来なかった”家事や家計の管理”と一般の男性では出来ないくらい事が私には出来るようになりました♫

全くの無駄な時間ではありませんでしたね♫

 

最後に

この事例を機にSNSも、世の中も良い方向に変わっていけるような環境になってくれればと思います。

そして当事者として辛くなった時はこの動画をお勧めします。


【誹謗中傷に全力の鉄槌を】訴訟とその相手ついて話します

 

普段からブログでもTwitterでも確認に確認を繰り返し、書き込んでいますが

これからはもっと自分自身も気を引き締めていこうと思います。

 

それではまた。