書店員のすヽめ 〜本屋のひとりごと〜

オタクな地方書店員のブログです♫

スズメバチと1対1で戦った話

 

ごきげんよう〜♫かんたーです♫

 

朝から心拍数が上がっています!こんなにドキドキしたのいつ以来だろう…。

 

天気の良い朝で自宅の庭で写真を撮っていました。花は綺麗で「これは何の花だろう?」なんてパシャパシャしていると…

 

ブーン♫

 

「こうやって蜜蜂たちがいてくれるから花は綺麗に咲くんだよな〜♫」

f:id:pagliuca-yuma1205:20200608075929j:plain

そういえば蜜蜂が花にいるところを写真に撮れたら良いな〜と

 

ブーン♫の方へ目をやる。

 

「お…おい…まじか…。ミツバチってあんなに大きくて凶暴そうだっけ…。」

 

そう彼はどう見てもスズメバチ。軒下に呑気に巣を作っています。小さい巣で相手は一匹。今なら勝てるかも‼︎

 

すぐさま殺虫剤を手にして左手には傘を盾に出陣!

 

軒下といっても植物もある家なので簡単にスプレーは届かない。

外用の長椅子に上り噴射するも風向き悪く、ほとんどかからない(泣)

じゃあ風向きを利用して下から攻撃!

当たっているはずの攻撃も殺虫剤の効果が弱いのか効きません!

「姉さんピンチです!」

 

離れているとポトっと音がして

「勝った!」

と思い巣へ近づく私と…

「いるじゃん‼︎スズメバチ‼︎」

私はきっと無実の虫を…(泣)

 

そうこうして玄関先から様子を伺うと…

そのスズメバチは巣を作る材料を探しにいなくなる。

 

「今だ!敵は本能寺にあり!」

f:id:pagliuca-yuma1205:20200608080117j:plain

本能寺は”かんたー”の手に落ちました。

(※あまりのドキドキに巣の写真を撮る余裕がなかったでご了承ください)

 

朝からどっと疲れ…写真を撮るような気分にもなれず…

彼等にリベンジされないかハラハラする数日になりそうです。

 

 

彼らは無許可で違法住宅を作り勢力を増し、人間を攻撃します。

話し合いには応じはしない。

皆さんも”彼等(スズメバチ)にご用心下さいませ。

 

〜それではまた〜