書店員のすヽめ 〜本屋のひとりごと〜

オタクな地方書店員のブログです♫

反面教師”おじさん”の話

 

ごきげんよう〜♫かんたーです♫

 

美容室での出来事

かんたーは1〜1.5ヶ月でカットに行くのですが

いつも指名することはなく「どなたでも構いません」と言う私。

待っていると

現れたのは…

私よりも一回り以上うえのような男性で…

不安でしかなかった。

 

その不安は的中するわけで。

 

先に髪を洗うわけですが

洗う場所で「今日はどうしますか?」と聞かれ

???

そこは鏡の前で聞くのではと思うも、

「サイドをスッキリさせてください」と伝えた。

 

ちなみに私かんたーはこんな感じの髪型。

f:id:pagliuca-yuma1205:20200701174942j:plain

パーマのいい感じを最大限に活かそうという私の思いは

彼には伝わらなかった。

最初のサイド後ろの刈り上げ3ミリにするところに20分かかり…

「丁寧なのはいいですけど

 重要なのはそこじゃないんです!」と言えるわけでもなく

早々に諦め…

彼のやりたいように任せました。

ようやく刈り上げが終わると

今度は全体をカットし始める。

もちろん頼んでいない前髪までも。

 

何故に「今日はどうしますか?」と聞いた。

私も「チェンジで」と伝えるべきだった。

 

バリカンの先につける部分を落としたり

カットの最中、クシを落としたり。とにかくチョンボが多かった。

さらにタオル等で拭くわけでもなく、そのまま使用。

 

カットし終えてシャンプーも1分しないくらいで終え

髪をちゃんと拭かないので髪から背中に水が落ちる。

 

嫌だった。

配慮がなさすぎ。

 

でもね

自分がその年まで働くとなると

同じように迷惑をかけてしまうかも。少しは許容するべきだと言い聞かせていたのだったが…

 

髪を切り終え、

肩などをマッサージしている時に

「すごき筋肉ですね〜!ボディービルダーですか?」

きっと彼は少しでも褒めようとしていたのかも知れないが

失礼極まりない。

「違います。」と全否定した後さらに畳み掛けられる。

「何か運動されていました?」

「学生時代少しだけ」

「ラグビー体型ですもんね」

「野球やっていました」

如何にもこうにも噛み合わず

ただ悪意のない失言を連発され

カットしてスッキリするはずの美容室で

モヤっと。

 

なんかね思うのは

おじさんって失礼な人が多い気がします。

言い訳ばかりだったり

勉強しない人も多く

発言にも配慮がない。

 

皆ではなくても

そういったおじさんは反面教師として

生きていこうとww

 

ただあまりに失礼すぎて

笑いを堪えるのがしんどかった。

 

気の短いお客様だったら

キレているでしょうね。

 

来月

彼はいるのだろうか。

居たとしても

「彼以外の方でお願いします」と伝えよう。

 

散々だったが

人生として学ぶべきことが多い出来事でした。

 

それではまた。