書店員のすヽめ 〜本屋のひとりごと〜

オタクな地方書店員のブログです♫

とある書店の日常。

 

ごきげんよう〜♬かんたーです♬

 

とある仕事の合間、こんな話をした。

「印税2億円。とりあえず実家に帰る」という記事を他の社員さんが見て言った。

なにやら『鬼滅の刃』作者である吾峠先生の話みたいだ。

 

かんたー「とりあえず印税2億あったら質素な生活を送りつつ、仕事も辞めるかな〜」

社員さん「私なら社会の関係性を保つために、好きな時に仕事して旅行に行く生活を送る」

 

本当に勝手な話であるww

 

かんたー「ところで吾峠先生の実家はどこなんでしょうね?」

社員さん「うちの県ではないんじゃないかな〜。」

 

仕事が滅茶苦茶忙しく2人の会話もどうかしている…。

 

なんて日だ‼︎

 

吾峠先生

実は

小峠なんじゃないかと

くだらないことを妄想しておりました。

 

『鬼滅の刃』の最新刊である21巻通常版&特装版は

あっという間に売れきれ

売り上げも上々。

アカデミアやドクターストーン、約ネバも同時に発売で

当店も非常に恩恵を受けています♬

 

ちなみに当店初の『鬼滅の刃』1番くじも2日で完売。

最後にいらしたお客様が

B賞『炭次郎フィギュア』とラストワン賞『冨岡フィギュア』をゲットして大喜びで帰られました。

袋も有料になり

大きなフィギュアを重ねて走って帰られました。

 

私が『鬼滅の刃』ファンでなくて良かったと心から思う。

ファンだったら

「フィギュアが〜〜(泣)」なんて思ったでしょうね〜。

 

それにしても

当初店で初の1番くじ

ずっと落ち着いて仕事が出来ず

謎の緊張感があり疲弊しました。

 

第3弾の情報も出ているのですが

当初店に来るのかは未定。

 

あの緊張感の中で仕事するのは

正直、嫌だ。

 

やっぱり本屋は静かな方がいい。

私は声が大きいと

注意されますけどww

 

印税2億円。

貰えるような

なにかを成し遂げられればな〜なんて思いながら

休日にグータラしています。

 

人間、このくらいが丁度いい。

f:id:pagliuca-yuma1205:20200706102037j:plain

それではまた。